【那須まちづくり株式会社】プロデュース

自立の方向けサービス付き高齢者向け住宅

ひろばの家・那須1

高齢期暮らしに「安心の仕組み」がある家

全49戸、木造の家。
高齢期の暮らしを自由に心豊かに暮らすには、心許せる人や物に囲まれて、ほどよいつながりと支え合いを保つ「仕組み」が必要です。

 

「ひろばの家・那須1」の魅力

① 住まい・食・文化的生活のある暮らし

旧校舎に、食をはじめ、アート、音楽、趣味の活動の機会も。自由で自立した安心できる時を刻んでいきます。

ひろばの家・那須1は、自由で自立した生活が基本。食事は自炊でも、カフェでも
10坪の部屋でシンプルに好きな物だけに囲まれて暮らす。
自身の庭で花を育て、野の花々に囲まれて過ごす。
食材は、無添加や有機農法を中心とした「楽校deマルシェ」で。
1食で1日の必要野菜の半分がとれるカフェ「ここ」のランチも
お惣菜やお弁当も地元食材の手作りで。

② 心身の変化に応じた安心のある暮らし

365日24時間の緊急対応で、住み慣れた「ひろばの家・那須1」で最期まで過ごすことを基本にします。デイサービス、介護重視型の「ひろばの家・那須2」、医療処置も対応する「みとりえ」は、いずれにも徒歩2~3分の距離にあり、ご事情によって選択いただけます。

介護は「ワンランドケア・那須」のスタッフが。プロの支えで安心を。
介護支援のコーディネイトはリハビリデザイン研究所代表・山田穣さん。
「みとりえ」はベテランのナース・佐久間洋子さんがリードする。

③ 「参加型」で育まれる支え合いのある暮らし

「那須まちづくり広場」は一人静かに過ごしたい人の自由もあり、困ったときは、知恵を出して解決をしていく。共に暮らしあうことが豊かな新しい生活をはぐくみます。

できるかぎりオープンに、率直に話せる仲間を少しずつ増やす。
それぞれに人生がある。「那須まちづくり広場」には苦労や喜びを口にだせる雰囲気がある。
それぞれの良さを認め合う新しい仲間が生まれる。

【那須まちづくり広場】での暮らしをお考えの方に「人生100年・まちづくりの会」を那須と東京の会場で開催しています。ご入居を決めた方、検討中の方、ケアで支える方、働いている方、地域の方などが参加され、様々なご希望を語り合う場でもあります。皆様のご参加をお待ちしております。

「ひりばの家・那須1」は、
2022年12月完成、2023年1月に入居スタート。

建物概要

ハウス名ひろばの家・那須1
交通JR東北本線「黒田原」駅から車で9分
JR東北新幹線「新白河」駅から車で15分
住所那須町豊原丙1340
住居タイプサービス付き高齢者向け住宅
入居可能時期2023年1月予定
総戸数49戸(平屋37戸, 2階建1階6戸・2階6戸)
建物東日本大震災で使用したログハウス
広さ29.16㎡(8.8坪)~66.25㎡(20坪)
住宅の設備キッチン(コンロはIH)・風呂・トイレ・洗面・洗濯機置き場、 給湯はプロパン
保証人1名必要(お2人入居の場合は相互も可)
送迎関係NPOワーカーズコレクティブ「ま〜る」にご入会いただくと、毎日ワゴン車での送迎を利用できます。また、那須町役場に利用者登録した方は、デマンド交通が利用できます。那須まちづくりの会(ボランティアグループ)のあさひ倶楽部の相互扶助も利用できます。

間取り

1,190〜1,250万円
1,200〜1,250万円
1,200〜1,250万円
1,503万円
2,500万円
1,127万円
2,200万円

価格

●終身にわたる家賃の全部前払い金

  • 坪あたり125万円程度
  • 返還金制度あり。15年以内は日割りで返金。
  • 16年以降の家賃は不要です。
  • 返還金は預金保険機構が保全します。

●敷金 賃料の2か月分 (終身にわたる家賃の全部前払い金の2/180となります)

●49戸の価格と販売状況

月々の費用

共益費8,000円/月(非課税)
サポート費お一人入居 33,000円
お二人入居 49,500円(税込)
駐車場月額3300円(税込) 保証金3000円
食費朝食550円、昼食550円、夕食770円
(いずれも予約制)